【陸王6話目】あらすじとネタバレ!陸王の快走デビュー戦

どーも!さとだいです!

今日もとっておきの、「ここだけの」ネタ、いっちゃうよ!

ドラマ陸王がいよいよ盛り上がって来ましたね!!

なんといっても、第6話目は、とうとう陸王のシューズを履いた茂木(竹内涼真)がレースで初めて走ります!!

ここまでの振り返りや、ネタバレを一部含む今回の見どころを確認していきましょう!!

スポンサードリンク

あらすじ

第5話では竹内涼真演じる茂木が、悩みぬいた結果「陸王」を選ぶという話でした!

アトランティスとこはぜ屋の皆が見守る中で、「RⅡ」を脱ぎ、こはぜ屋の「陸王」に履き替えるシーンは感動的でしたね!!

また、5話目では、大地の成長も大きなポイントでしたね!

就職活動の面接に向かう途中で、工場の機械がトラブってしまったことが分かり、面接を放棄して工場に走って戻ってくるシーン、きっと視聴者みんなが涙したことでしょう!

陸王という製品を作ることを通して、父親の紘一(役所広司)と大地(山﨑賢人)の距離がどんどん縮まっているところもポイントですね!

また、さとだい的に少し気になるのは、吉谷彩子演じる「美咲」と大地の関係性です!

前回は二人の仲が少しずつ親密になってきている感がありました。

これは恋仲になる展開も楽しみですね!

6話の見どころ

いよいよ陸王を履いて、レースで走るシーンが見られます!!

そして今回のレースは茂木にとって、とても重要なレースなんです!

というのも、前回怪我をしてしまった「豊橋国際マラソン」のあと、久々にライバル「毛塚(佐野岳)」と対戦をするレースだからなんです!!

また、実はそれだけではなく、RⅡと陸王の対決とも言えます!

毛塚はRⅡを履いているからですね!

ここで茂木が勝つと、茂木の新しく履くようになったあのシューズは一体なんだ!?と注目が集まるようになるのは必至なので、物語の分岐点とも言えます!!

そして、それに焦ったアトランティスが、6話目以降、さまざまな妨害工作をしてくるので、それに「こはぜ屋」が一丸となってどのように戦っていくのかも、見どころの1つです!!

こちらは予告動画です!

スポンサードリンク

スポンサーリンク
さとだいのここだけのゴシップ




さとだいのここだけのゴシップ




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする