YOSHIKI(ヨシキ)の年収や総資産はいくらか?ロス自宅の豪邸がすごい!【X japan】

yoshiki.net

どーも!さとだいです!

今日もとっておきの、「ここだけの」ネタ、いっちゃうよ!

今回はX Japanのリーダーであり、生きる伝説となりつつある、YOSHIKIさんについて!!

気になる年収や総資産、そしてロスの豪邸情報について徹底検証してみたぜ!!



年収はいくらぐらい!?

まずはX japanが最もCDを売り上げていた時代の年収を計算してみたいと思います。

3枚目のアルバム(Jealousy)をリリースした時は、110万枚以上も販売され、実に30億円以上にもなる売り上げにつながりました。

そして、YOSHIKIさんはビジネスマンとして非常に優秀であり、どのように活動をすれば最も印税が入るのかを計算した上で創作活動を行っていたと言われていますw

そのため、3枚目のアルバムだけで、作詞作曲以外にも、プロデュース印税なども含め、概算で2億7千万円程度がバンドに入ってきていますwww

また、X japanは報酬をYOSHIKIさんが他のメンバーの倍くらい受け取っていた為に、ベースメンバーの故Taiji(沢田泰司)氏と揉めたと、Taiji氏の手記の中で語られていました。

そう考えると、このアルバムのセールスだけで1億以上の報酬がYOSHIKIさんに入った事が分かりますね!

これだけ稼いでいたにも関わらず、長者番付にYOSHIKIさんが載ったのは、たった1度だけ!

なぜなのか??

それはロスに移住していたからです。高額納税者ランキングはあくまで日本国内に在住している人が対象なんですね。

たった一度でしたが、ランクインした時は、井上陽水、長渕剛に次いで、三位で2億8,450万円を納税していましたww

これは単純に考えても、この年の手取りが3億円近くあったことになりますwww

現在の推定年収は!?

ここからがなかなか難しい推定になっていきますが、まず現在YOSHIKIさんは自身で所有している音楽レーベルとスタジオがあります。

当然ながら自分でプロデュースしたアルバムの売上は現在も収入源の柱となっているはずで、

しかもYOSHIKIさんはX JAPANのヒット曲の大半について作詞と作曲を行っていたため、

過去の楽曲の印税収入だけでも相当な金額になると考えられます。

(それに加えて、カラオケ印税なども収入の対象に入ってきます。)

さらに現在でもヒット曲を生み出しており、

昨年テレビドラマ『せいせいするほど、愛してる』の主題歌になった

「薔薇のように咲いて 桜のように散って」に関しては、作詞・作曲・編曲の全てがYOSHIKI氏であるww

また、自己所有のロサンゼルスのレコーディングスタジオは、かつてあのマイケル・ジャクソンやローリング・ストーンズが使用していたという、超音響設備に優れたスタジオ!!

自身で使用することはもちろん、他のアーティストにレンタルする際の使用料収入も、かなりの金額になっていると考えれます!

スポンサーリンク
さとだいのここだけのゴシップ




さとだいのここだけのゴシップ




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする