シンクロ井村雅代コーチの現役時代(若い頃)は?スパルタ指導内容や子供・家族は?

sinkuro.com

どーも!さとだいです! 今日もとっておきの、「ここだけの」ネタ、いっちゃうよ!

今回は、もうすぐ世界水泳ブダペスト2017のシンクロが近づいて来ているので、

シンクロ選手団を指揮している井村雅代コーチについて、視聴者のみんなが気になる、

現役時代(若い頃)はどんな選手だったのか!?そしてスパルタな指導内容や家族に関する情報について、まとめてみたよー!!

スポンサードリンク

現役時代(若い頃)はどんな選手だったのか!?

まずは井村雅代コーチについて、さとだい的プロフィールチェックいってみよう!

sports.swim.com

名前:井村雅代(いむら まさよ)(旧姓:福井)

生年月日:1950年8月16日(66歳であの迫力。。すごいですw)

出身:大阪府(だから指導中に怒ってる時、関西弁出ちゃうんですねw)

指導歴のある国:イギリス、中国、日本(日本以外のチームも指導したことがある世界の名将レベル。中国を指導した際には裏切り行為との批判も受けたことがありました。)

若い頃は当然、井村雅代コーチも選手をしていました!

現役時代には日本選手権で二度優勝経験があり、ミュンヘンオリンピックにも出場してます。

今は指導者としても凄いですが、若い頃はすごいシンクロ選手でもあったんですね!

その後、大阪市内の体育教員になっており、しばらくは教職を務めつつ、シンクロ指導者としてのキャリアをスタートされたみたいです!

スパルタな指導内容とは!?

sports.com

熱血であるだけでなく、鬼のようなスパルタ指導で有名な井村コーチ。

練習中はプール中にコーチの怒声が響き渡りますw

どれくらい厳しい指導内容なのか、実際の選手達の声を交えつつ、紹介したいと思います!

バルセロナオリンピック銅メダリスト・奥野史子の場合

1日12時間にわたるめちゃくちゃ厳しいトレーニングを受けていたとのこと。

普通に12時間トレーニングするだけでもマジで大変だと思うんだけど、それにプラスアルファで井村コーチの厳しい罵声に耐えるwwこれ相当な精神力が必要です。

さらに極め付けは、

「人間はそう簡単には死なない。だから死ぬかどうかの限界ギリギリまで頑張りなさい」

と言われていたらしい(笑)

引退して20年以上たった今になっても、未だにコーチの姿が夢に出てくることがあるらしいw

もうこれトラウマになってるwww

スポンサードリンク

ゆとり世代の選手たちの場合

井村コーチのスゴいところは、選手がどれくらいまでギリギリ耐えられるのかを分かって、追い込んでいるところww怖すぎですw

というのも、ゆとり世代の場合は単純に厳しく指導していたら上手くいかないということを理解した上で、以下のように指導されています。

「脚バラバラや!何やってんの!!溺れてんじゃないわよ!!」

と、通常通りの全開の怒号を飛ばすのですが、

その30分後には、、

「脚は大丈夫かい?」「そういう日もあるよ、落ち込んだらあかんで」

飴と鞭を織り交ぜるの上手すぎ!!w

もはやスポーツヤクザなのでは!?と思ってしまうレベルですwww

家族や子供は!?

こんな厳しい母ちゃんだったら、オレだったら確実にグレちゃうわ・・と思うさとだいですがw実際のところ、井村雅代コーチはプールサイドの外ではどのようなお母さんなのでしょうか!?

スポンサードリンク
まず井村コーチは1977年に当時勤めていた大阪市内の学校の体育教員を勤めて居た同僚男性と結婚してます!

やっぱ旦那さんは優しくて器の大きな人なんでしょうね!

そして気になる子供に関する情報ですが、一切の情報がないばかりか、

これまで産休や育休を取られたことのある記録がないということで、

子供は居ないのではないか、と見られています。

でも、これまで大きく育てて世界へ羽ばたいていった沢山の選手達がいるので、

彼女にとってみたら教え子たちが我が子同然だと言えるでしょう!

まとめ

では最後にサラッともう一度振り返っていきましょー!!

  • 井村雅代コーチは現役時代、日本代表としてオリンピックに出場するほど優秀なシンクロ選手だった!
  • スパルタ指導は時に、引退後にわたっても選手がトラウマになるレベルだったw
  • ゆとり世代には飴と鞭を使い分けて、指導をしているw
  • 旦那さんがいるが、子供はおそらく居ないと思われる

以上、井村雅代コーチに関するまとめはここまで。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

さとだいでしたー!

スポンサーリンク
さとだいのここだけのゴシップ




さとだいのここだけのゴシップ




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする